コーヒーメーカーによって異なるコーヒーの特徴

>

コーヒーを飲むことによって体が受ける影響とは

3つに分けられるドリップ式の機種

家庭用のコーヒーメーカーの中でもっとも一般的だというドリップ式のものは、挽いた豆にお湯を注いでレギュラーコーヒーを淹れるというコーヒーメーカーです。
ドリップ式の中でも、すでに挽いてある豆を使用してコーヒーを淹れるという手軽さが魅力の「ミルなしタイプ」と、コーヒーのいろいろな楽しみ方ができる「ミル付きセミオートタイプ」、またすべての工程を自動で行ってくれるので準備が非常に楽だという「ミル付き全自動タイプ」の3種類に分けることができるといいます。
とにかく手間なしで本格的なコーヒーを楽しみたいというのなら全自動タイプを、コーヒーを淹れる工程も楽しみたいというようなこだわり派には汎用性の高いセミオートタイプのものを、手頃な価格で手に入るマシンが欲しいという場合にはミルなしのタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

本格的なコーヒーを楽しみたいなら

レギュラーコーヒーを淹れるためのドリップ式コーヒーメーカーよりもコーヒーそのものの味を楽しむことができるというエスプレッソマシンとはどのようなコーヒーメーカーなのでしょうか。
そもそもの相違点は使用するのが極細挽きにしたコーヒー豆であるということ、そこに高い圧をかけることによって濃厚でコクのあるエスプレッソを抽出することができるという点です。
そうしてできたエスプレッソに泡立てたミルクを加えればカフェラテやカプチーノを作ることもできます。
自宅でカフェのような飲み物を楽しみたいと思ったら、エスプレッソマシンを選ぶといいかもしれません。
しかし、インスタントコーヒーの2倍ほどのカフェインが含まれているというエスプレッソは眠る前に飲んでしまうと覚醒しすぎて寝つけなくなることもあるといいますから注意した方がいいでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる