コーヒーメーカーによって異なるコーヒーの特徴

>

シーンに合わせて選びたいコーヒーメーカー

職場でコーヒーを飲むメリット

オフィスでコーヒーを飲むと気分転換になると同時にコーヒーの覚醒作用によって仕事に対する集中力が増して作業効率が上ったり、カフェスペースでの部署を超えた人間関係が意外なアイディアを生むこともあるようです。
オフィスでコーヒーを飲むならブルーマウンテンやグァテマラのようなリラックス効果の高い種類のコーヒーをホットで飲むことで嗅覚を刺激してリフレッシュしたり、浅煎りの豆で淹れたコーヒーをブラックで飲んで集中力を高めたりすることをおすすめします。
ほとんどのコーヒーメーカーは一度に複数人分のコーヒーを淹れることができるようになっているようですが、長時間にわたって保温され続けたコーヒーは煮詰まってしまって風味が損なわれてしまうものなので美味しいコーヒーを飲みたいと思ったら、その都度淹れることができるタイプのものを選んだ方がいいかもしれません。

美味しいコーヒーを飲むためのマシン選び

自宅やオフィスにコーヒーメーカーを設置することのメリットは、何と言ってもその手軽さではないでしょうか。
細かい注意点を守りながら手作業で淹れることが美味しいコーヒーを飲むための条件だということができますが、コーヒーメーカーであればこうした細かい作業を機械がおこなってくれるのでスイッチひとつで簡単に本格的なコーヒーを味わうことができるのです。
会社や自宅に人を招くことが多いのであれば一度にまとめて淹れることができるタイプのコーヒーメーカーがいいかもしれませんし、コーヒーメーカーを置くためのスペースやデザイン性を重視して選ぶこともあるでしょう。
コーヒーメーカーを選ぶ際には「何を重視したいか」ということを考えてみるといいのではないでしょうか。
使い勝手のいい1台を選んで美味しいコーヒーを楽しんでください。


この記事をシェアする

トップへもどる